本文へスキップ

簡単・電子工作!ラズベリーパイできること。初心者向け電子回路の使い道。

ラズベリーパイのセットアップ

set up

保護者の方へ  

ラズベリーパイは、数千円と安く手に入る高機能なパソコンで、入出力を有していて、電子工作に最適です。

一方で、安価な分、セットアップを一から自分で行わなければなりません。

このセットアップの方法は、本1冊になるほどですので、保護者の方が本などを参考に行ってあげてください。

本は、自身の分かりやすさなどから選んでください。(お薦めは、これ1冊でできる! ラズベリー・パイ 超入門です。)

本に記載されている「GPIO端子」の端子番号と用途の部分は、コピーを取ってお子さんへ渡してください。

電子工作で配線する際に必要な情報です。

ブレッドボードの説明も載っていると思いますので、どことどこがつながっているか説明してあげてください。

なお、本編では、ラズベリーパイをネットにつなぐ必要はありません。  

本編は、RaspberryPi3で、Raspbianのデスクトップを前提としています。

電源のオンやオフの方法、Python(パイソン)の操作方法など、お子さんによく教えてあげてください。

また、電子工作が終わって、接続を再度確認してから、ラズベリーパイをオンするよう指導ください。

工作物は電圧が低く、感電の心配はほぼありませんが、ショートさせると壊れる場合があります。

(回路は、出来るだけ本体に害が及び難い構成としています。)

プログラムは、Python2で説明します。

RaspberryPiの設定のインターフェースのSPIとI2Cは有効にして、再起動ください。

(電子工作でこの2つはよく使います。カメラを装備していれば、同様に有効にしてください。)

写真は、ラズベリーパイ本体と必要な周辺機器の例です。

カメラは、本編にはでてきませんが、経験を積むといずれ使いたくなる一品です。

(夏休みの植物の生育記録を1時間おきに自動で撮影するなどが簡単に可能です。)

本体のケースは、電気的機構的に壊さないためにも、お薦めです。

また、電源をスイッチ付きコンセントタップで使うのも、マメにオンオフできるので便利です。

HDMI線は、中間コネクタを使うと、TV側やラズベリーパイ側を外さずに済み便利です。

キーボードとマウスは、線付きのタイプでも構いませんが、写真のように無線タイプだと操作場所の自由度が高まります。

これらは、子供が使う場合に、特に有用です。  

電子工作に使う部品は、秋月電子通商の品番で説明していますが、写真を参考に同じ様な部品でOKです。

(KP−LED8Aのみ共立エレショップの品番です。この部品は無くても構いません。)

できれば子供をお店に連れていって一緒に選んでください。 楽しさから動機付けとやる気の醸成につながります。

お店が近くになければ、ネット通販で構いません。

1編の部品代は、子供さんのお小遣い程度で買えるようにしています。

それでは、お子さんために、保護者の方のご協力のほど宜しくお願いします。


ラズベリーパイ・ナビゲーション