本文へスキップ

簡単・電子工作!ラズベリーパイできること。初心者向け電子回路の使い道。

第10章 抵抗値に応じた電圧値(アナログ)を表示できる電子工作

これまでは、「1」「0」の電子工作でしたので、テスターのように連続の(アナログ)値を扱いましょう。

明るさや抵抗値に応じた電圧値(アナログ)を表示できる電子工作です。

少し値段の高い部品を使いますので、お小遣いを貯めてチャレンジしましょう。

部品を準備しよう

10bit 2ch ADコンバーター MCP3002-I/P

半固定ボリューム 3362P 2kΩ

Cdsセル GL5528

1/4W抵抗 10kΩ

Raspberry Pi キャラクタ液晶ディスプレイモジュールAE-AQM0802+PCA9515 

バックライトは好みで選んでください

アナログジョイスティックDIP化キット AE-JY-DIP(KIT)

単芯電線 色は写真と同じもの ちょうどよい長さとしましょう

ブレッドボードジャンパーワイヤー・オスオス 長10本

ブレッドボードジャンパーワイヤー・オスオス 短3本

電解コンデンサー 10μF16V 白い帯の側がマイナスです

セラミックコンデンサー 0.1μF

ブレッドボードに部品を差し込みましょう

ブレッドボードにそれぞれの部品を差し込みます。

前から見た写真です。↓

後ろから見た写真です。↓

上から見た写真です。↓

コンデンサーは、これらの回路の電気ノイズが、ラズパイへ影響しないように、必ずつけます。

ラズベリーパイ(ラズパイ)につなぐためのブレッドボードジャンパーワイヤー・オスオスを差し込みます。

この写真のラズパイとつなぐ端子番号は、赤が17、黒が25、青が24、緑が23、橙が21、黄が19です。

この写真のラズパイとつなぐ端子番号は、白が3、青が5です。(橙はボード上でつなぎます)

Cdsセルとボリュームのブレッドボードジャンパーワイヤー・オスオスを差し込みます。

Cdsセルの電圧とボリュームの電圧を液晶ディスプレイに表示するプログラムを入力します。

「anarogu.py」とします。

ADコンバーターと液晶ディスプレイを動作させるプログラムです。

計算もあって、少し難しい内容なので、ここではこの通り入力します。  

プログラムを動かしてみよう

ボリュームを回すとCH1の電圧値が変わり、Cdsセルにライトを当てたり何かで暗くするとCH0の電圧値が変わります。

Cdsセルは、明るさに応じて抵抗値が変わるセンサーです。(明るいと高い電圧、暗いと低い電圧がでます)

こんな少しの部品で、明るさや抵抗値に応じた電圧値(アナログ)を表示できる、電子工作が出来ました。  

次は、ジョイスティックを使った面白いプログラムを入力します。

「ugokuen.py」とします。

ボリュームとCdsセルからICへのブレッドボードジャンパーワイヤーを外して、ジョイスティックからの線をICの同じ色のところに差し込みます。

プログラムを動かしてみましょう。

これまでは、ブレッドボード上での動作でしたが、ラズパイの表示画面に、このような画像が出てきました。

さて、ジョイスティックを上下左右に動かしてみましょう。

まるでテレビゲームのように、赤い丸が、その方向に動きましたね。 プログラムは、難しくて中身が分からないと思いますが、とても面白い電子工作ができました。  

全部で10種類のラズパイを用いた電子工作は、面白かったですか。

次は、あなたが考えたものを、積極的にチャレンジしましょう。

(難しいプログラムは、大人の人に教えてもらいましょう。) コツコツ努力すれば、きっとうまく行きますよ。


ラズベリーパイ・ナビゲーション